« 特別貸し出し | Start | 晴れ »

05/10/2004

雨のち曇

いや、「ひょっとして、かな」、とは思いつつ追い越してみたのですが、そうでしたね。お久しぶりでした。

ある先生へ。お名前は存じ上げませんが、年度末まで研究用に本を借り出すなら、「保存図書」からかり出してください。学生が書庫から取り寄せるのは大変です。(明日カウンターに取りにいくこと!!)

雨の昼はお昼をどこで食べるか悩むことになるわけです。今年からは気兼ねなく学生室でご飯を食べれば良いのですが、習い性というのは代え難いもので、結局空き教室でこっそりと食べました。知り合いの研究室に遊びにいく手もあったけれど、いい加減厚かましすぎる学生なので、自重。

それにしても、雨のキャンパスの真ん中で人を泣かして立ち去った彼は凄いね。いや、ただただ感心した。

独立行政法人になったからかもしれないけれど、教室に既にエアコンが入っていて、思ったよりも寒かったり。独立会計になって早々電気代で破産したらシャレにならないので、なんとかならんものか、と。そもそも、設計思想として、集中管理制度は効率が悪すぎると思われる。フレキシブルさが足りないのは、今やこの大学の一つの特徴かもしれないが。

さて、今日は多摩地区へ大遠征だ。

段々知合いが増える感覚はいつになっても慣れない。名前と顔を覚えることはわたしの最大の苦手科目なので(惚れた人でさえかなり毎回苦労して、覚えたころには振られているのがここ数回…汗)、一人で焦り狂うことになる。今日会った人の一人は先週に引き続いて名前を交換し(相手が忘れていてくれて助かった)、もう一人は名前を知らないまま別れた。

帰りは10分以上早いという評判の経路で帰ってみた。でも接続がよろしくないので、結局、時間はそれほど変わらないという結論。しかも、乗換二回がすべて階段を渡らなくてはいけないし、後半30分は座れないことになる。やはり来週はまったり座って帰ることにしようかなあ。

今日は雨が途中でやんだのに、傘を忘れて帰らなかったことが評価できて、バイト代が入る日なのに通帳とカードを家に置いていったことが宜しくなかった。

|

« 特別貸し出し | Start | 晴れ »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/569189

Folgende Weblogs beziehen sich auf 雨のち曇:

« 特別貸し出し | Start | 晴れ »