« 生ゴミ発電 | Start | ゴールデンウィークの語源 »

05/02/2004

観光名所

スラッシュドット・ジャパンの4月28日付の記事より。1986年の4月27日に爆発事故を起こしたチェルノブイリが最近「観光名所」となっているという。付近はいまだに被曝の恐れがあるが、一年に3千人以上がその地域を訪れ、そのうち数百人が危険地帯に入り込んでいるという。


「この目でみてみたい」人間の欲求のなせる技かな、とも思えるが、一方で想像を越えた事態を眺めることがもつ意味みたいなものも積極的に評価できる気がする。例えば、このようなサイトが紹介されてしまうと、観てしまうわけで。

|

« 生ゴミ発電 | Start | ゴールデンウィークの語源 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/524886

Folgende Weblogs beziehen sich auf 観光名所:

« 生ゴミ発電 | Start | ゴールデンウィークの語源 »