« 『そうはいっても飛ぶのはやさしい』読了 | Start | バランス感覚の移行 »

05/02/2004

抜けたネジ

今日は全くネジの抜けてしまったような一日であった。というのも、例によって一日中部屋で机に向かっていたにも関わらず、一切生産的なことをなさずに過ごしてしまったからだ。これなら、遊びに行っていた方がまだ許せるという気持ちになる(本当は明日一日遊ぶので今日は真剣に勉強しなくてはいけない…)。

それでも、何とか来週の月曜日の予習の一部と、土曜日までの宿題に手をつける(ただし、全然終らない)。

自分でも、自分が「頭が悪い」わけではないと思う。やればできるはず。でも、やらないのでできない。それが判るだけに、ものすごくもどかしいし、自分が許せなくなる。でも、「許せない、許せない」とつぶやいてマイナスの循環を作っていた先月までとは少し違う自分になるために、今日をポジティブに位置付けることにしよう。

今日はリフレッシュの日であるよ!! ネジを抜いて、分解掃除をすることがどれだけ大事かは、機械時計を持ってみればわかること。もちろん、子どもには分解した時計は、元に戻せないので、気をつけなくてはいけないよ。

思わず、英語のできないところを露呈してしまった: パントってpuntって書くんですね。辞書見たら、写真入りで載ってました。はぅ。でも何だか、お江戸の川遊びの舟に似てるなあ。

|

« 『そうはいっても飛ぶのはやさしい』読了 | Start | バランス感覚の移行 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/527360

Folgende Weblogs beziehen sich auf 抜けたネジ:

« 『そうはいっても飛ぶのはやさしい』読了 | Start | バランス感覚の移行 »