« 雨のち曇りのち晴れ | Start | 曇 »

06/02/2004

晴れ

午前中大学に向かう電車の中で久々の友人に出会う。相変わらずリズムの良いお喋りで、楽しい気持ちになる。

昼ご飯は高校時代の友人と。就職活動中の彼は今日も中々粋なスーツ姿だったりして、ちょっと差を感じたりする。こっちは相変わらずのポロシャツにジーパンだものね。まあ「そのほんのちょっとの差に気づかなくちゃ」と言わせているあたりが、さすがにわたしの友人と言うべきか。苦笑。それにしても就職活動をしていると「お金を稼ぐのも良いかな」という気持ちになるんだ、というのはずいぶん新鮮なコメントだった。ちなみに、今回はイムレとブラハの本を貸し、代わりにカダレの小説のコピーをもらう。バルカン特集の様相か…(いや、イムレは違うが)。

「だから、それは学校で教わってないんだって」ってわたしを恫喝するのはあなたの勝手ですが、体系的に理解しないで計算ができるのでしょうか。「わからない」と言うことは決して恥じることでも、悪いことでもないです(わたしはむしろその言葉を大変好んでいます)。でも、「わからない」という発言はそれなりの責任を負うということも理解しておかなければいけない、とわたしは思いますよ。大変、哀しい体験でした。

新聞を読んで流石に衝撃を受ける。ただ、これを契機に物事の議論が良くない方向へ進まないことを願う。

|

« 雨のち曇りのち晴れ | Start | 曇 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/696523

Folgende Weblogs beziehen sich auf 晴れ:

» 革靴の似合う男・再開二件 [ねぎとろ丼日乗]
この間本を貸した友人が「返すよ」と言ってきたので、4限後の楽しいお昼の時間を一緒 [Mehr erfahren]

verlinkt am 07/01/2004 um 23:10

« 雨のち曇りのち晴れ | Start | 曇 »