« 曇 | Start | 集中力 »

06/12/2004

南スーダンの出発

The Daily Starの6月12日付の記事より。21年に及ぶ市民戦争の末に、スーダン人民解放運動(the Sudan People's Liberation Movement, SPLM)が国の南部を治めることになった。世界中で最も貧困で、戦争によって破壊された地域である。

運動の指導者であるGarangは、金曜日、南部の町Rumbekで集会を行ない、20年以上に及ぶ内戦を集結させるために結んだ、政府との合意内容を説明した。木曜の遅く、Rumbekでは多くの人々が指導者の到着を歓迎した。

2年以上の交渉の末、解放運動と政府は、政府が南部を支配し、軽視しているという不満を解消するための合意に達した。権力と富は構成に分配され、南部は6年間の自治を行なってから、住民投票を行ない政治的な未来を決することになる。Garangは、分離独立は一つの選択肢に過ぎない、と強調している。

しかし、課題は多い。南スーダンでは20年以上にも渡って行政が機能しておらず、さらに銃の支配する構造に変化がもたらさなくてはならない。解放戦線は武装抵抗組織から政府機関に変わらなくてはならない。

また南部の首都となるべきRumbekをはじめとして、国中の基本的なインフラはまだ整備されておらず、安全な飲料水や基本的な医療ですら高価な部類に属する。

しかし、富の分配に関する合意によれば、南部政府は年に15億ドルの予算規模を持ち、さらに南部地域には巨大な石油埋蔵量があり、東アフリカ地域で最も豊かな地域となるだろう。


スーダンの歴史及び、内戦の概略については、wikipediaの記事を参照。


教科書にも出ている「スーダン内戦」も新たな一歩を踏み出すことになった。
どうなったか、チェックしていこうと思う。

|

« 曇 | Start | 集中力 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/757146

Folgende Weblogs beziehen sich auf 南スーダンの出発:

» wikipedia [PukiWiki/TrackBack 0.1]
現在見てる人:7人 今日:3人 昨日:1人 全:606人 ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー 2CHスレッドタイトル検索結果 WIKI [... [Mehr erfahren]

verlinkt am 06/15/2004 um 00:58

« 曇 | Start | 集中力 »