« 海岸の夏準備 | Start | 快晴 »

06/14/2004

快晴

天気予報があたった。お告げがあたると信頼性を増すかというのが、実証主義の問題なのであるけれど、それを信じたくなる気持ちも理解できるなあ、などと。

もっとも、終らない宿題に自転車操業なのは、天気に関係ないけれど…。


昨日、遠征で帰宅が遅くなったあと更新しようとしたら、ココログが緊急メンテナンスに入っていて、更新できず。で、ここに。

遠征に出かける前の講義で院試の話になった。教授によると「自信がないひと、ちょっとでも不安があるひとは絶対に落ちます」と。「大学院はうちの大学のダークサイドだけれども、難しい。間違っても、『大学院卒業』を肩書にしようとしないで下さい。うちに来たら就職はないと思」わなくてはいけないらしい。後者は先輩をみて想像がついているが、まだまだ勉強が足りない、ってこと。今のうちに警告してもらえることを幸せに思って、励むぞ。今年は内部進学希望者が大学院の定員を越えそうだから、頑張らなければ。友人でもライバル…。

その大学院の願書を受け取る。国立大学の願書は昔から不思議だっただけれど、なぜ受け取るときに住所や電話番号を書かないといけないのであろうか。その収集した情報、何に使うのだろうか…。

とにかく、段々スタートしているのである。

|

« 海岸の夏準備 | Start | 快晴 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/766903

Folgende Weblogs beziehen sich auf 快晴:

« 海岸の夏準備 | Start | 快晴 »