« 異分野理解と傲慢さ | Start | 快晴 »

06/16/2004

見つけられず、新橋駅

帰りに渋谷駅に到達してみると、山の手線の内周りは「車両故障のため」運転休止。改札口で振替輸送の切符をもらって、銀座線で新橋を目指した。

電車の中では持っていた文庫本を読んでいたわけだが、どうしても気になって虎ノ門駅からは本を置いて、混んだ電車の中で首をぐるぐると回して、窓の外を伺った。実は、昔の東京地下鉄の新橋駅はいったいどこにあるか、ということを探したかったのだ。ホームは人が何人も立ったりすることはできない、単線で暗い、そんなホームが銀座線から引き込まれたどこかにあるはずで、それを一度でいいからこの目で見たいのだ。

虎ノ門方向から来ると、新橋駅の手前で上下線が渡るポイント区間があり、その先に引き込み線のようなものが見えた。あれだったのだろうか。一瞬のことできちんと確認できなかったのだけれど、あれだったのだろうか。

謎は残る…。

|

« 異分野理解と傲慢さ | Start | 快晴 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/776555

Folgende Weblogs beziehen sich auf 見つけられず、新橋駅:

« 異分野理解と傲慢さ | Start | 快晴 »