« 本を借りたい大作戦 | Start | 目指せ野望王 »

06/21/2004

替え玉離婚

朝日新聞の6月21日付の記事より。大阪家庭裁判所は今年6月離婚調停を申し立てた男性の「妻」を自称して出廷した女性が本人ではないことに気づかずに、調停を成立させていたことが判明した。男性の実際の妻から同裁判所に調停は無効であるとして、再審請求出されて明るみに出た。

現在の民事訴訟では「替え玉」を完全に防ぐような本人確認は行われていない。今回の調停では申し立てた男性が戸籍謄本を提出し、さらに申立書に本人と「妻」の住所を記入。裁判所は申立書の記載住所に「通知書」を送付し、二人ともそのはがきを持参したという。また生年月日なども口頭で確認し、本人と認められた。


本人確認というのは案外杜撰なものであることは確かで、しかし大抵の場合はそれでごまかされないようなシステムになっているわけである。ニセの名前や生年月日をよどみなくすらすらと言ったりするのは、やってみたら判るけれども、結構神経を使うので大変なのである。こういう事態は、一方で、どれだけ本人確認の手続きの精度を上げたとしても完全には防ぎきれない。色々な要素が絡まってうまくいってしまうことがあるからである。

さらに、認証制度をより厳格にすることには大きな弊害もある。その認証制度を担保するためのデータベースを作り、それを一元的に管理するということを含意するからである。そうして貯められた情報は必ず悪用、もしくは誤用されることになる。

むしろ、軟らかい認証システムが間違ったときの復元手段をきちんと整備することが、大事なのではないかなあ、と思う。

|

« 本を借りたい大作戦 | Start | 目指せ野望王 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/810667

Folgende Weblogs beziehen sich auf 替え玉離婚:

« 本を借りたい大作戦 | Start | 目指せ野望王 »