« 快晴 | Start | 小川『博士の愛した数式』 »

06/22/2004

夜間消灯の効果

CNNの6月21日付の記事によると、アメリカのいくつかの都市ではビルの夜間消灯を徹底した結果、ビルに衝突するなどして死ぬ渡り鳥の数が減少した。渡り鳥はオフィスに明かりがついているとそこにガラスがあると気づかずに衝突したり、明るい光に誘導されてビルの周りをグルグルと回って弱ったところをカラスなどに襲われたりする。

もっとも対策の進んだ都市シカゴでは以前、早朝に清掃員が歩道に落ちた鳥の死骸をゴミ袋につめる作業が目についたが、4年前に市当局が夜間消灯を呼びかけ、中心街のビルはよる23時以降消灯するようになった。その結果、歩道に落ちる鳥の数が激減した。

|

« 快晴 | Start | 小川『博士の愛した数式』 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/817288

Folgende Weblogs beziehen sich auf 夜間消灯の効果:

« 快晴 | Start | 小川『博士の愛した数式』 »