« 曇ときどき雨のち曇 | Start | 曇り »

06/09/2004

曇のち雨

頭が痛い。痛いというよりは両方のコメカミから上7cmほどのところにものすごく圧迫感があって、何をしようにも集中力というか、踏ん張りが一切聞かないのだ。なんだか外界で起こっていることにあまり現実感のない状態が続いている。

流されるように生活してはいけない、と思うのだけれど、焦れば焦るほど空回りしている感覚がある。明日までの宿題を片付けなくてはいけないのに…。ひととして、すでに誤っている方向へ進んでしまっているような感覚が苦しい。

でも、なるべく笑顔を見せておかなくてはいけない。笑顔がひとを安心させるし、何より自分が安心するから。

そう言っていたら、今日とうとう失敗してしまった。梅雨時なのに雨が降っていなかったので、傘を持たずにアルバイトに出かけてしまい、帰るころには見事に雨。普段なら、少々濡れてもダッシュで走ることにしているのだけれど、「調子も悪いし」と家にヘルプを求めた。結局、母が駅まで迎えにきてくれることに。

心なしか空いていた電車は横浜駅で椅子があき、ありがたく座らせてもらう。そして、気づくと、ひと駅乗り過ごしていた。結局、20分ほど予告から遅れてしまう。母怒る。ごもっとも。わたしは死にたい気分。

|

« 曇ときどき雨のち曇 | Start | 曇り »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/738870

Folgende Weblogs beziehen sich auf 曇のち雨:

« 曇ときどき雨のち曇 | Start | 曇り »