« 晴れ、午後は曇り時々雨、夜には晴れ | Start | うまい説明とは? »

07/10/2004

別役『日々の暮し方』

別役実という名前を知ったのは、柴田元幸の書いたエッセーの中に「おいとけさま」が出てきたときである。それ以来、こっそりいろんな情報を調べてみた。そして、万を持して、今回本を手にとったのである。というのも、生協で白水社のフェアをしていて、この本は安かったのだ。しかし、もちろんそんなことは気にしていない振りをしてレジを通り抜けなくてはいけない。そうでなくては、正しく別役実の本を買ったことにはならないからである。というのも、別役実の「正しい行動」というのはいつも次のような形をしているのである。あることを正しく行なうためには、漫然と行なってはならず、それを意識化しなくてはならない。それでも、意識化すると直接にその行動をしているのではなくて、その行動について考えることになってしまうので、「意識してない振り」をしたり、「さりげなく」行動したりするのである。この本も、こういう構造を意識して、さらにそれに気づかない振りをして、さりげなく一節一節を読めば、きっと正しいのではないかな、と思う。その際には、間違っても、わたしの出した構造が間違っていることなどに気づいてはいけない。邪念を抱えたまま本を読むのはどう考えても正しいとはいえないからである。

  • 別役実『日々の暮し方』白水社uブックス、1994年。870円。

  • |

    « 晴れ、午後は曇り時々雨、夜には晴れ | Start | うまい説明とは? »

    Kommentare

    Kommentar schreiben



    (Wird nicht angezeigt.)




    TrackBack

    TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/938314

    Folgende Weblogs beziehen sich auf 別役『日々の暮し方』:

    « 晴れ、午後は曇り時々雨、夜には晴れ | Start | うまい説明とは? »