« 多分「とても良い」 | Start | 晴れ »

07/22/2004

それぞれの道

高校を卒業して東京ではない街へ出かけていった友人二人が偶然都内に戻っていることになって会う。

一人が関西から修士論文の作業過程で帰京し、電話をくれた。というわけで、お茶の水で集合し食事を食べる。食べながら、もう一人帰ってきていることに話が及んで(昼ご飯を食べる約束があった)、「それなら」と連絡してみた。高校時代は同じクラスでわいのわいのやっていた、あの感覚を再び取り戻して色んな話に興じた。

|

« 多分「とても良い」 | Start | 晴れ »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/1033214

Folgende Weblogs beziehen sich auf それぞれの道:

« 多分「とても良い」 | Start | 晴れ »