« パスポートにあっかんべー写真 | Start | 年金回収・ドイツの場合 »

08/08/2004

五輪会場の電灯

朝日新聞の8月8日付の記事より。開幕まであと一週間を切ったオリンピックの会場の街灯に松下電器産業の「ハイブリッドタワー 風かもめ」が採用された。この電灯は太陽光発電と、風力発電とを組み合わせたもので、配線の必要がない。渦巻部分の風力発電装置のデザインと、配線のいらない設置の手軽さが採用の決め手になったという。150本が採用され、14本が野球とソフトボールが行なわれる球場の外に設置された。海岸沿いのため常時7-8mの風が吹いているという。


上の太陽光のパネルがややでかいきらいもあるが、実物をみていないのでなんとも言えない。それにしても、工事が遅れているので配線が必要ないのが、高ポイントだったというのは笑うに笑えない。環境にやさしいというのは、せっぱつまった主催者にも優しいことでもあるんだな。

ちなみに、防犯カメラが埋め込める仕組みになっているようだが、そのデータは配線なしでも使えるのだろうか?

会場の写真。朝日comより(会場の様子[asahi.com])

|

« パスポートにあっかんべー写真 | Start | 年金回収・ドイツの場合 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/1151022

Folgende Weblogs beziehen sich auf 五輪会場の電灯:

« パスポートにあっかんべー写真 | Start | 年金回収・ドイツの場合 »