« 年金回収・ドイツの場合 | Start | 青山ブックセンター営業再開 »

08/13/2004

セルビアモンテネグロ新国歌

朝日新聞の8月12日付の記事より。アテネオリンピックに向けて制定を急いでいたセルビアモンテネグロの新国歌がオリンピックに間に合わないことになった。議会内の調整がつかなかったため。新国歌案は第二次世界対戦前のセルビア国歌と先頃制定されたばかりのモンテネグロ国歌をツギハギしたものだったため、国内から反発の声が相次ぎ、議会では投票にも至らなかった。オリンピックでは、旧ユーゴスラビア国歌が代わりに演奏されることになるが、社会主義時代やミロシェビッチ大統領の独裁時代に使われていたため、国民には不人気で、国際試合でブーイングが起こったこともあるという。


ちなみに、ユーゴスラビア国歌はこんな感じ。

|

« 年金回収・ドイツの場合 | Start | 青山ブックセンター営業再開 »

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30752/1181803

Folgende Weblogs beziehen sich auf セルビアモンテネグロ新国歌:

« 年金回収・ドイツの場合 | Start | 青山ブックセンター営業再開 »