08/04/2004

「無口でおしゃべり」?

どうも「旬は過ぎている」らしいけれど、名前の鑑定をやってみる。

陰陽のバランス
○○●●
良い配列。明朗活発で健康、社会生活で順応性が高く、幸せです。
五行の調和
大凶 [金]-[火]-[木] 大吉
・理想と現実との大きな差異に悩み、途中で挫折します。運の急変をはじめ、心身症や慢性疲労に注意を。
・太陽の光(火)を浴びて、若木がぐんぐん伸びるような運勢です。健康で家庭は円満。仕事もやりがいあります。
響きから人に与えるイメージ
・教養もあり思慮も深いが、用心しすぎて消極的になり、手も足も出なくなります。もっと強気にならないと成功がつかめません。
・社交好きで友人が多く、社会的に認められて名声を上げる人も少なくありません。ただ恋愛問題で傷つくことも多いので慎重さが必要です。
・自己の信念を強く守り、他人の言葉に動かされることなく黙々とマイペースで仕事に精進します。じみながらも堅実な生き方で最後の勝利をつかむがんばり屋です。

響きからこういったイメージを人に与えます。
姓名判断
総格:大凶 天格: 人格: 地格: 外格:
あなたの家系は、資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
性格は、丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
又、シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、男性は病弱、弱気女性は美人でおしゃれです。親との生死別があります。
その他にも、無口でおしゃべりで、陽気で孤独好きな人。晩婚。結婚後はマイペースを守ってゆけば成功、などの特徴があります。
でも人からは、人の好き嫌いがあり、喜怒哀楽を表に現す、閥を作りやすい、闘争心むきだし、お人好し、涙もろい、オッチョコチョイ な人というように見られます。
社会では、ベテランや経営者の多い職場や仕事につくと大出世します。
家庭では、生活態度を変えず単調で、口が悪く遊びが下手。浮気して責任をとるようになります。

無口でおしゃべりって奴はどんな奴なのだろうか。喋っていなくても、なんだか雑音のようにオーラの感じられるうっとうしい奴のことかしら。闘争心むき出しのお人好しもすごいとり合わせだよね。「浮気して責任をとる」のに、円満な家庭もすごく歪んでいるなあ。むぅ。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

07/31/2004

余った処方薬の回収

朝日新聞の7月31日付の記事によると、横浜市薬剤師会を中心として市内の薬局が医師によって処方された薬の余りや、糖尿病患者らの事故注射の使用済み針を無料で回収することを決めた。8月1日から370店舗が実施する。回収した薬や注射針は各薬局が業者に依頼して、焼却処分する。費用は薬局側が負担し、年間約3000円程度の負担になる見込み。

現在余った処方薬の処理には明確なルールがなく、家庭ゴミとして捨てられる場合も多い。


今まで、出しっぱなしだった方が問題なのだろう、という気がする。てっきり、余った奴は持っていけば回収してもらえるのだと思っていたが、そうではなかったようだ。とはいえ、余った薬を捨てるというのも確かにふん切りがいるのだが。

| | Kommentare (3) | TrackBack (0)

「ナイトミルク」流行

朝日新聞の7月31日付の記事より。酪農が盛んなスイスで、乳牛が眠っている間に絞る「ナイトミルク」が注目を浴びている。寝ている牛から早朝に絞られた牛乳には、眠りを誘う成分であるメラトニンが通常の5倍含まれていて、安眠にこうかがあるという。


日本でも大塚製薬から「おやすみ乳飲料 ねむー」という製品が発売されているが、スイスで話題とはしらなんだ。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

06/21/2004

「回避型人格障害」

週間朝日の7月2日号によると、「他人からの評価に過敏に反応して、批判されると挫折しやすい」「誰かと親密になりかけるとブレーキをかける」というような性格で、「誰も傷つけたくないから、厄介なことはすべて回避しようとする」らしい。そして、セックスレスになる夫に最も多いタイプだという。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

06/20/2004

今年中に結婚か?!

ちょっと面白そうな心理テストだったのでやってみる。ただし、どうも女性を対象にしているのではないか、という設問が多かったのが気になった。

心理テスト:今年、あなたは結婚できるか!?の結果は次のとおり。

診断B 結婚生活への適正は十分彼ができれば年内挙式も可能!? あなたは、今、他人に対する受容力が高まっています。一緒にいる人に気持ちを添わせようとする共感力と、小さな失敗なら許せてしまう許容力も同時に高まっているみたい。つまり、誰かと新しい暮らしを始めるのにピッタリの心の状態なのです。仮に今恋人がいなくても、今年の前半までに出会いがあれば、年内にゴールインできる可能性は十分!

ちなみにあと10日で今年の前半は終了しますので、「出会え」と言われてもねえ。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

06/17/2004

腹黒度チェック

Katsuさんの減量日記で紹介されていた腹黒度チェックをやってみた。結果は下のような感じである。

あなたの腹黒度は【悪代官レベル】のようです。

時代劇の悪役といえば、紋切り型の悪代官。
権力を嵩におのれは甘い蜜を啜りながらも、市民に悪政の限りを尽くす――これぞ、悪代官の醍醐味です。
あなたにはそういった悪代官の血脈が受け継がれているようです。
知恵がたつ分、ただの腹黒より質が悪いといえるでしょう。
なるべく自分の手を汚さずに、おいしいとこどりしようとするのがこのタイプの人の特徴です。
ある意味、世渡り上手といえそうですが、夜道でうしろから刺されないように気をつけてくださいね。

  • 魂の黒さ 7%
  • 心の黒さ 100%
  • ルックスの黒さ 0%
  • 輝く白さ 100%
  • 夜は家にいようと思う。

    | | Kommentare (0) | TrackBack (0)

    06/11/2004

    骨占い

    katsuさんの減量日記に出ていた骨占いをやってみる。結果は、「軟骨」。

    【軟骨タイプの特徴】 これって本当に骨なのか?あなたはそんな軟骨です。 八方美人なあなたは、そのお人好しさゆえ、人間関係において微妙な立場に置かれることが多々あるようです。 しかし、軟骨が体の要所要所をしっかりと繋いでいるように、あなたの周りの人間関係はあなたの存在によって円滑に保たれているのです。 キレルこともあるかもしれませんが、周りの人のためにこらえてください。 【相性の良い相手】 肋骨の人と相性が良いようです。 肋骨を探せ!

    【相性の悪い相手】
    背骨の人と相性が悪いようです。
    背骨は避けろ!



    八方美人で、お人好しだとはあんまり思わないけれど、肋骨の人を探そう…。

    | | Kommentare (0) | TrackBack (0)

    風邪の調子

    昨日もらった薬を飲んでみる。少しは利いているみたいな感じがある。相変わらず鼻水はでるが、頭痛はそれほどでもなくなった。

    やはりあのつっけんどんな医師は正しかったのかしら、と思い直しつつある。

    | | Kommentare (0) | TrackBack (0)

    05/31/2004

    恋愛診断

    daisukeさんの日記で見つけた恋愛診断をやってみる。

    何だかうまく答えられない設問もなくはなかったが、一応真面目に答えてみたところ、「発情ニワトリ級」という成績に落ち着いた。何だかここまではっきり書かれると、哀しくなる前に読んでいて笑ってしまった。「向上心すらもあまりないように見受けられ、未来にも暗いものが感じられます。まずは意識改革が必要」なほどらしいから。

    | | Kommentare (0) | TrackBack (0)

    05/23/2004

    適性・敵職診断

    日記才人経由でRuchiさんの日記から、仕入れた適性・敵職診断[haken.co.jp]をやってみた。

    あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は・・・ 『考える』 気質です。

  • 良い精神状態の時 分析的・粘り強い・賢明・客観的・洞察力がある
  • 悪い精神状態の時 意固地・よそよそしい・あら探し好き・内気・消極的
  • 性格 コツコツと調べるのが好きな研究者タイプ。鋭い洞察力と深い理解力がある。富や地位に執着せず、人生の意義深さもよく理解している。
  • 注意 物事を頭の中でのみ考え、行動力がない。人と協調することが苦手で、他人に対して挑発的、敵対的になることもある。
  • 仕事 優れた分析能力を発揮する仕事、科学や技術研究者、単独で仕事をする自営業などに向いています。

    いかがでしたか? 己を知ることが、困難に立ち向かい、道を切り開くための第一歩とも申します。 この結果は必ずしもあなたのすべてではございませんが、あなた自身がお選びになった一つの方向でもあります。
    これを機に、少々違う世界を覗いてみてはいかがでしょうか・・・。

  • 結果は何だか今のわたしのやりたい方向性をそのまま指している感じがする。わたし自身の選んだ「一つの方向」が今努力して向かっている方向とある程度一致するのは、嬉しいのかしら、それとも意外性がなくてつまらない、と思うべきなのかしら。

    | | Kommentare (0) | TrackBack (0)