01/25/2005

「が食べたい」の用法について

AyadaponさんのFincsi a vacsi!の記事を読んでいて、「確かに『教室で授業が受けたい』は『授業』が目的語だよな、でも『肉まんが食べたい』とも言うぞ」と思ったので手元の古語辞典を調べてみた。

なお「が」は今日、「水が飲みたい」というように使って、「が」は対象格を示すことなどと説かれることがある。しかし、この用法は、室町時代からすでに「平家の由来が聞きたいほどにお語りあれ」「ものが申したい」などの例がある。これは、「たい」が形容詞変化をするので、「聞きたい」「申したい」で全体として一つの形容詞として働く結果、「水が飲みたい」の「飲みたい」が「つめたい」などと同型と意識されて現れた文型であって、助詞「が」は下の「たい」にかかるものであり、「飲む」「申す」の目的や対象をしめすものではなかった。

という記述が岩波『古語辞典』初版の「基本助詞解説」(1445頁)にある。この説明の学会での評価などは知らないが中々説得力がある気がするのでメモとして載せておこう。

まとめると、「授業が受けたい」の方は「〜が…たい」の構文で、「授業を受けたい」は「〜を…する」+希求の助動詞「たい」の構文ということらしい。ただし、この差がどのようなものかはまだ良くわからない。

それにしても、自分の喋る日本語を対象化して考えるというのは結構難しいよな、と思うことしばし。この程度の簡単な構文ですらきちんと調べてみないと、「文法的な説明」を思いつかないのだから。

自分の使っている日本語がきちんと説明したい。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

07/01/2004

面談の約束

卒論の題目発表会の前に指導教員の先生に面談をお願いする。今年こそ、きっちり決めて卒業するぞ、と思うのである。

ちなみに、卒論で批判する予定のひとの科研費論文(しかもドイツ語)を手に入れるべく、主任の先生に雑誌を貸していただくようにお願いする。快く受けて下さったのはいいのだが、「かも君を○○先生に紹介してあげようか。一度議論してみると良いと思いますよ」と言われた。思わずビビリ、「えともう少し研究が進んで、秋になるまでは良いです」などと泣きを入れてしまう。これって折角のチャンスを潰したということになるのだろうか。でもなあ卒論で中途半端に批判しかけたのを読ませた上に、全然錯誤に基づいて論を展開したらまずいしなあ。もう少し自信をつけてから、相談してみよう。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

06/19/2004

特別貸出は平日のみ

論文のための長期貸出は平日しか対応しない、ということ。休日はひとまず普通の貸出手続きを行なうしかないらしい。うまくすると、「平日借り換えができるかもしれない」ということなのだが。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

06/18/2004

受験票を受けとること

ZMPの受験料を振り込んだ。講義できちんと受験票を受けとること。

決して安くない金額だが、とにかく今受かると決めたのである。目標は、「Sehr Gut」で。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

05/17/2004

パスワード変更

情報システムのパスワードが明日の夕方一斉に変更になる。

利用規約に新しい文言が加わった。曰く、「本アカウント宛に大学の組織からメールにて広報が送られることを承諾していること」。きっと、SARS騒動のときに、いきなり送りつけて問題になったのもあろう。何より、独立行政法人ですから(どんな?、と問われても答えられないが)。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

05/10/2004

特別貸し出し

  • 申請書がいる(図書館にあり)
  • 指導教官のサインと印鑑がいる
  • 20冊を30日貸し出し
  • ただし、延長はなし

確かに限度いっぱいまで借りることもあるから、ありがたい制度だけれど、わたしはどちらかというと一冊の本をじっくり読まないといけないので、やっぱりこれでは不満かなあ。基礎的な文献は買えということね。

ひとまず、指導教員の先生に印鑑をもらいにいくこと。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

04/28/2004

矩象(die Quadratur)

太陽と惑星の黄経の差が90度になること。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)